米国市場に影響されず3日続落する2021年11月9日の日本相場

米国市場に影響されず3日続落する2021年11月9日の日本相場

【日本相場】
日経平均:-0.75%
TOPIX:-0.81%
JASDAQ:+0.25%

本日の日経平均は、前日比221円安の29,285円でした。

米国市場は連日最高値を更新していますが、日本市場はなんと3日続落。

ソフトバンクグループが昨日の決算発表後、買いを集め日経平均に136円寄与しています。

それがないと厳しい数字かと思います。

群馬の個人投資家資産運用成績

【群馬県のある投資家】
個別株式:-0.32%
投資信託:-0.25%(投資信託の数字は前日相場ベースです) 

ソフトバンクグループ(9984)が10.5%上昇。

前述の通り日経平均を136円押し上げていますが、個人的にソフトバンクグループが押し上げるのは久しぶりに感じます。

少ないながらもホルダーですので、喜ばしい限りです。

孫社長いわく、真冬の大嵐(大赤字)ですが、1兆円上限の自社株買いが好感されたようです。

株価を意識した戦略ですね。

ちなみに孫社長、昨日の会見で『実際の実力よりも大幅に株価が下がっている』と表現していました。

業績が投資先の株価に大きく影響されてしまう状況ですので、実際の実力は何で測定するんだろうと感じてしまいました。

実力が無いとかではなく、純粋にソフトバンクグループの実力って何だろうと疑問に思っています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク